検索
  • lokahikk

今日は認定調査についてのお話です♪

前回お話ししましたが、申請をすると、認定調査が行われます。

何~~認定調査って????


1:訪問調査←市区町村または委託されたケアマネジャーさんなど

  ご自宅に訪問

  ご本人の 心身(からだと心)の状態・日常生活・家族や住まいの環境

  など細かく聞き取りをします。


この時です。普段のままで良いのです!!! 

だいたいのご高齢の方は 

せっかく来て下さったのでいい所を見せなくてはと。。。。思われてしまうんですね。

普段できないことができてしまう。いいことではあるのですが(汗)。。。。。


当日に気を付けたいポイントをご説明!!!


~その壱~

ご本人さんだけではなく、ご家族さんも立ち合いましょう♪


何故と思われていまうかもしれませんが。。。

それは、先ほども説明しましたが

ご本人さんが「できる」 「わしはまだ人の手は借りんでも。。」と

言ってしまう場合があります。

その為、ご家族が立ち会うことで、日ごろの様子を正確に伝えましょう。


質問には正直に答える←控えめに答えたり、過剰な回答をしてしまうと

適正な要介護認定を受けられません。再調査になる可能性もありますので

ありのまま伝えるように気をつけてくださいね。


困りごとや心配な事は伝えましょう♪

質問以外でも、ご本人さん・ご家族さんが気になっていることを調査員に伝えて下さい。

特記事項に記入してもらえます。

審査する際の判断材料になります。

例えば

どんな場面で困ったかなど? 小さいことでも構いません。

「トイレに行くとき支える所がない」 「歩きずらそう」 

「ごはん自分で食べるがむせる」などなど

普段の様子をメモしておくといいと思います。


基本項目:おおまかにご説明

1:身体機能・起居動作に関する項目

  例:麻痺がありますか? 起き上がりができますか? 歩けますか?など(一部抜粋)


2:生活機能に関する項目

  例:洋服の脱ぐ・着る動作は? 顔を洗えますか? 外に行く頻度は?など

                                   (一部抜粋)

3:認知機能に関する項目

  例:自分の名前は? 生年月日は? 今の季節は?など(一部抜粋)


4:精神・行動障害に関する項目

  例:作話(実際には体験していないこと又は、体験したことを間違えて話をするこ)

    感情が不安定(急に笑うかとおもいきや、泣いてしまうなど)

    ひどい物忘れ 話にまとわりがないなど(一部抜粋)


5:社会生活への適応に関する項目

  例:金銭管理 買い物 薬の内服(飲む)など(一部抜粋)

  

6:特別な医療に関する項目・・・点滴 人工透析など



質問内容:上記の質問項目は一部抜粋したものですが。

     74項目特記事項あります。


     リラックスして普段のアナタをみてもらってください。


今日はここまで♬

                      ではまた次回(^^♪








9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示